忘れられない運命の人との出会いの話

忘れられない運命の人との出会いの話。当時私はなかなか恋愛がうまくいかず悩んでいました。正直私はモテました。一年で5人ぐらいは告白されたと覚えています。けれどいまいちピンと来る人に出会えず、付き合ってみても長続きしない。そんなことが続いて、このまま好きな人ができないのかな。と不安な気持ちでいました。

そんな私を心配して、看護師をしていた姉が、「この前入ってきた研修医、けっこうかっこいいから紹介してもらえるか仲のいいお医者さんに聞いてみてあげる。」と頼んでもいないのに話を進めてくれ、数日後には「アドレス教えといたから。」といって帰ってきました。研修医ということは将来お医者さんだし、もしかしたら好きになれるかもしれないし、メールしてみようかなくらいの、なんのとりえもない自分を棚に上げ、上から目線で考えていました。

ところが、メールをするようになって驚きました。今まで出会ってきたどの男性よりもメールの雰囲気に好感が持てる、かなりメールイケメンだったのです。例えば、メールのはじめは「○○といいます。お姉さんからアドレス教えてもらいました。」から始まって、次のメールには「△△ちゃんって芸能人で言うと誰に似てるの?」「そうなんや!かわいいね~!」という感じで、オドオドしていなくて、切れ味がよく、慣れている感じもしてカッコイイ!そう感じました。メールを数日しただけで、私はすぐに「この人素敵!」と思うようになりました。そして初めて電話をしたときの印象が、「話し方が優しくてめっちゃかっこいい!」でした。初めて会ったときは「オシャレでカッコよくて、優しくてレディーファースト完璧で、話してて楽しくて完璧!運命の人だ!!!」」と確信しました。

始めて会った日から1か月で付き合うようになり、後から聞いたところ、相手も私に運命を感じたというのです。正直驚きました。本当に運命ってあるんだと感じました。こんなにもピンとくる人と出会い、相手もピンときていた。悩んでいたあの時はこの人に会うための時間だったのねと思います。そして、その運命の人は今は旦那様です。今でも、父親、母親になっても変わらず愛があります。本当にあった運命の話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です