女性と仲良くなりたいなら女性の気持ちを忖度するべき

人生生きていれば様々な出会いがあり、特に女性との出会いや恋愛は重要なものです。一目ぼれしたり、交流していくうちに好きになっていったり…様々な出会いがあると思います。また、逆に告白してもフラれてしまったり、付き合ったはいいけど不仲などで幸せになれなかった、などといったマイナスな経験をしてしまうこともあるかと思われます。

女性に近づきたい、その女性と仲良くなりたいと思って行動しようというときに、一番大事なものは「忖度」(そんたく)の精神だと私は考えます。忖度とは、最近ネット上でたびたび使われる言葉で、つまりは「相手の気持ちをおしはかる」ということです。おもんぱかる、配慮と置き換えてもいいでしょう。

女性の心を掴もうとするときにまずすべきは、その女性が今何を求めているかと想像することです。極端な話、そのニーズに男性自身や男性が提供できるものが当てはまっていれば、その女性とお近づきになったり、友人や恋人などの関係を得ることができます。物質面では、例えば女性ならば好きだろうと花束を贈ったり高価な有名ブランド品を送ることで女性の心を狙う人がいますが、これは必ずしも得策ではありません。例えば花は生けたりケアが必要ですし、ブランド品は荷が重いと感じるかもしれません。

逆に、数百円で買える雑貨やファンシーグッズをプレゼントのほうが女性の心を掴めたりすることもあります。また精神面でも、例えば女性が悩み事をしているときに、無理に解決策ばかりを話してしまい逆に避けられてしまうようになることもあります。

単純に話を聞いてもらいたいだけだったり、自分自身を肯定してもらいたいだけの時もあります。その状況によって女性がどういう対応を求めているかは、普段からその人の性格や嗜好を考えながら決められるようになるといいでしょう。
相手の気持ちを推しはかって交友することが大事なのは、女性に限らず同性の友達、家族関係、職場などでも同様です。日常から人と交流したときに、どうすればベストかを意識して行動していけば、自然と女性の心も掴める立派な人格が完成しているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です